ライフ

【AGA】薄毛対策に最強の効果 デュタステリドという薬を服用してみた

投稿日:

はてなブックマーク - 【AGA】薄毛対策に最強の効果 デュタステリドという薬を服用してみた
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket

スポンサードリンク

どうも、ユルゾフです。

 

今日は「AGA」(男性型脱毛症)についてお話ししようと思います。

 

「AGA」とは

最近、テレビCMなんかで「AGA」という言葉をよく耳にしないでしょうか。

これは男性型脱毛症のことで、男性型脱毛症とは読んで字のごとく男性が発症する脱毛症のことです。

薄毛で悩んでいる9割の男性がこのAGAに該当すると言われています。

症状としては思春期以降の男性が発症し、主に前頭部もしくは頭頂部から薄くなっていきます。

よく「M字ハゲ」なんて言葉を聞きますが、あれは完全にこのAGAが原因です。

 

AGAの原因とは

そんな薄毛に悩む男性の最大の敵であるAGAですが、その原因とはいったい何なのでしょうか。

 

諸悪の根源、DHT(ジヒドロテストステロン)

AGAを引き起こす最大の要因とされるのがDHT(ジヒドロテストステロン)です。

もう名前からして極悪そうです。

もともとテストステロンというのはプラスに働くホルモンであり、髪や骨、筋肉の成長を促進します。

実際、日頃体を鍛えているスポーツ選手なんかはテストステロン値が高いとされています。

また、バイタリティの向上にまで影響すると言われており、テストステロンが多い人ほど自信に満ち溢れ、仕事等での積極性、そして女性への接し方まで変わってくるようです。

 

ただし、ジヒドロテストステロンは上記のテストステロンとは違います。

髪の毛には毛髪サイクルというのがあって、定期的に抜けては生え変わっていきます。

ですので、普通抜け毛があるのはまずいことではないのですが、このジヒドロテストステロンは、髪の毛を攻撃することで健全な毛髪サイクルを壊し、最終的に生えないようにしてしまうのです。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)を生成するⅡ型5αリダクターゼ

では、このDHT(ジヒドロテストステロン)という諸悪の根源はどうやって生まれるのでしょうか。

実はそれにはⅡ型5αリダクターゼというのが関係してきます。

なんと、このⅡ型5αリダクターゼがテストステロンと結びつくことによって、DHT(ジヒドロテストステロン)に変わってしまうのです、

なんと恐ろしいやつなんでしょう。

 

AGAへの対処法

AGAにはDHT(ジヒドロテストステロン)やⅡ型5αリダクターゼが関係していることがわかりました。

では、このAGAに対処するにはどうしたらいいのでしょうか。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)を発生させない体づくり

DHT(ジヒドロテストステロン)はテストステロンがⅡ型5αリダクターゼと結びつくことで生まれるのですが、実はテストステロンが減少することで結びつきやすくなることがわかっています。

ということは、日頃よりテストステロンが減らないよう気を付けることが大事になってきます。

テストステロンを増やすにはやはり「筋トレ」です。

筋肉を刺激することでテストステロン値を上がるとされています。

ただ、残念なことに先天的にDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けやすい体質の人は、それだけでは完全にAGAに対処することは難しいと思います。

 

 

AGAに効く、最強の薬「デュタステリド」

先天的にDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けやすい体質の人に最も効果があるのはAGA用の薬です。

AGAの薬というのは塗るタイプと飲むタイプがあります。

今回、紹介するのは飲むタイプの薬で最強といわれている「デュタステリド」というものです。

もともと飲む薬で有名なものとして「フィナステリド」というのがあります。

この薬は、先ほど説明したⅡ型5αリダクターゼがテストステロンと結びつくのを防いでくれます。

 

ではこのフィナステリドとデュタステリドの違いは何なのでしょうか。

まずAGAが起こるのは、Ⅱ型5αリダクターゼがテストステロンと結びつくためと説明しました。

ですが、実はこれだけではないのです。

Ⅱ型5αリダクターゼとは別に「I型5αリダクターゼ」という敵まで存在していたのです。

ジヒドロテストステロンが生成される割合のうち約7割がⅡ型5αリダクターゼ、残り3割がI型5αリダクターゼによるものとされています。

ですので、フィナステリドだけでは完全にジヒドロテストステロンの生成を防ぐことはできないのです。

それに対し、「デュタステリド」という薬はI型5αリダクターゼにも効果があるとされる万能薬なのです。

 

副作用に注意

AGAへの万能薬として期待される「デュタステリド」ですが、服用する際には副作用に注意が必要となります。

発症数の割合は10%以下にとどまっているものの、場合によっては勃起不全(ED)や性欲減退が起こる可能性があります。

 

 

「デュタステリド」を服用してみた

そんなAGAに最強の効果があるとされる「デュタステリド」を服用してみました。

といってもまだハゲてはいません(笑)

ハゲてはいないものの、家の家系は結構な薄毛のサラブレッドなので、もう30代ですし予防ということで始めてみました。(予防の時点で最強レベルのを服用するという)

 

デュタステリドの購入は「オオサカ堂」

デュタステリドを購入するにあたってネットで色々検索した結果、オオサカ堂というサイトが最も評判がよく、安心できるようでした。

 

オオサカ堂ホームページ

 

いやー、こうやって見ると、思った以上に色んな薬があるんですね。

 

僕が注文したのはこのデュタス(Dutas)という薬です。

 

300錠で約13500円。

1日1錠で良いようなので、この値段で10か月服用できると考えればまあ安いのではないでしょうか。

ちなみに海外(シンガポール)から発送されます。

支払方法は銀行振り込みとクレジットカードが選択せきますが、今回はクレジットカードで購入しました。

 

実際に服用した結果

海外からの発送とあったので無事に到着するか少し不安でしたが、10日くらいで無事に届きました。

箱はこんな感じ。

破り散らかしててすいません(笑)

 

英語苦手なので何て書いてあるのかサッパリわかりません。

 

デュタステリドはカプセル錠。

 

手に取ると結構大きい。

 

当然ですが無味無臭です。

一錠が大きいので飲むときは水などが無いと飲み込むのが厳しいです。

 

一日一錠で、飲むタイミングはいつでもいいようですが、強いて言うなら寝る前が一番良さそうです。

 

このデュタステリドですが、既に服用を始めて約4か月が経ちます。

 

で、効果のほどはというと、今のところ実感を湧くほどの効果は出ていません。

 

そして性欲減退といった副作用も全くありません。

 

実はだいぶ前にミノキジシジルという成分の入った薬を服用してみたことがあるのですが、その時には体毛や産毛が濃くなるといった効果は二か月くらいで目に見えて感じました。(高くてすぐにやめましたが)

 

まだ四か月なのでこれから目に見える変化が出てくるかもしれませんので、その時は報告しようと思います。

というか薄毛予防で始めたので、今の時点で変化を感じるのは難しいかもしれません。

むしろこのままハゲずに済めば、僕の家系から考えるとデュタステリドが効いたと言えるはずです。

 

スポンサードリンク

-ライフ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンビニや病院などで「前向き駐車」しなければいけない理由とは

スポンサードリンク     どうもです。 みなさんはコンビニや病院なんかで「前向き駐車」のお願いの看板があるのを見たことがありませんか? 私の家の近くにも、そういった看板を設置しているコンビ …

ついに荒野行動で一位に!一人も倒さずソロドン勝達成!

スポンサードリンク 今、もの凄い勢いで流行っているバトルロイヤル形式のゲーム「荒野行動」。今回はその大人気ゲーム「荒野行動」で念願の一位になることができたので、このゲームの内容と、一位になれた経緯を紹 …

一人暮らしや独身生活で孤独を感じたら猫を飼うのがオススメ

スポンサードリンク 一人暮らしや独身など、1人でいて孤独になることはないでしょうか。そんな時に全力でオススメしたいとてもシンプルな孤独感解消法があります。「ペット(猫)を飼う」ということです。 &nb …

月曜の朝がつらい 原因とその解消法とは

スポンサードリンク どうも、今日もゆるすぎユルゾフです。 月曜日の朝、それは一週間で最も体とベッドが一体化してしまう日です。 「起きなきゃいけない」、分かっているけど体がベッドから離れない。 そんな経 …

実際にビタミンBで肌荒れやニキビが劇的に改善 私が飲んでいるおすすめサプリ

スポンサードリンク こんにちは。 みなさんは普段、どんな肌荒れ対策をされていますか? 洗顔や美容液など、お肌の状態を良くするための方法はものすごくたくさんあると思います。 そんな中でも、特に肌荒れ対策 …