キングコング梶原がYouTuberチャンネル開設でシバターやみずにゃんがブチギレ!

NO IMAGE
はてなブックマーク - キングコング梶原がYouTuberチャンネル開設でシバターやみずにゃんがブチギレ!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Pocket

スポンサードリンク

どうもです。

先日、お笑いコンビのキングコング梶原氏が芸人を引退し、YouTuberになるという話題について触れました。

そしてそのカジサック(梶原のYouTuber名義)がついにYouTuberチャンネルを開設したうようです。

さっそく有名ユーチューバーのラファエルなどとコラボしています。

 

この動画のコメント欄を見て思ったのですが、とにかく称賛しているコメントしかない!(笑)

サクラを使ってコメント量産しているかは別として、批判的なコメントは恐らく削除しているのではないかと思います。

自分も常勝FXっていう投資系ユーチューバーの動画に批判的なコメント(誹謗中傷ではありません)を初めて投稿してみたら見事に削除されていました(笑)

 

そこのコメント欄も称賛の嵐だったので、なるほどと感じました。

批判も受け入れてこそと思うんですけどね。

 

話が逸れてしまいましたが、そんな感じで順調にYouTuberとして活動されているカジサックさんですが、ここでまた有名YouTuberのシバター氏がカジサックに噛みついています。

 

先日もシバター氏が梶原氏からのコラボを断ったことについて書かせていただきましたが、結局梶原氏が単純にYouTuberになったというオチにさらに怒りが込み上げているようです。

 

キングコング梶原がYouTuberデビューするも、あの大物YouTuberからコラボを拒否される

シバター氏が言いたいのは、結局売名かよってことだと思います。

態度が上からっていうのが気に食わないのもあるかと思いますが、何か新しいことを、おもしろいことをやれたらって言ってたのに、結局普通にユーチューバーやるのかよ、っていう怒りとか呆れだと思います。

確かに何も新しいことをやっているようには思えません。

結局自分のYouTubeチャンネルを開設して、食えなくなった芸能界からYouTubeに転向したようにしか思えません。

ラファエルやヒカルという強い味方もいますしね。

怒っているのは、何か新しいことを期待していたからだと思います。

例えば動画の中でシバター氏は、梶原氏とは対照的にロバートの秋山を評価していました。

ロバートの秋山といえば、憑依系芸人と呼ばれるほどいろんな役になりきるのが上手で、クリエイターズファイルというそれを活かした動画を投稿しつづけています。

この人は本当にセンスがありますよね。

巷に溢れるありきたりなユーチューバーのように、誰かとコラボしたり、何かを爆買いしたりみたいな力技ではなく、自分の才能だけで勝負しているところが凄いです。

さすがのシバター氏もそんな秋山氏のことは評価しているようです。

というか秋山氏の場合はユーチューバーになりたいのではなく、自分の作品を発信できる媒体としてユーチューブを利用しているだけにすぎないと思います。

だから、たとえユーチューブが終わっても、どんな場所からも発信できる才能があると思います。

恐らく梶原氏にも、こんな風に新しい切り口でYouTubeに参入することに期待していたのではないでしょうか。

 

また、みずにゃん氏もシバター氏のように怒りの動画をあげています。

 

みんな怒っていますね。

まあ結局こうして有名ユーチューバーらが批判した動画をあげることで、カジサックの注目度は上がっていくわけですが。

 

個人的にも梶原氏はどうもセンスがないように感じてしまいます。

他力本願というか。

でも芸能人がユーチューバーを本格的にやるのは稀なので、今後どんな動画を投稿していくか楽しみでもあります。

 

 

スポンサードリンク