音楽

EDMというジャンルの音楽について

投稿日:

はてなブックマーク - EDMというジャンルの音楽について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Pocket

スポンサードリンク

最近、EDMという言葉を耳にするようになったという人は結構いると思います。これは音楽のジャンルであり、Electro Dance Musicの略です。

名前のとおり電子音をふんだんに使った音楽であり、曲によってはほぼ全て電子音で構成されたものも多々あります。

このEDMというジャンルは、ロックなどのようにいろんなスタイルの音楽の総称となっています。

そのスタイルは幅広く、トランス、プログレッシブハウス、エレクトロハウス、ハウス、ダブステップ、トラップ、トライバル、ジャングルテラー、グルーヴハウス、ベースハウス…挙げればキリがありません。

中にはトラップのようにヒップホップに近いリズムのものもありますが、ハウスやトランスに代表される4つ打ちのリズムがメインとなっています。

もともと、ハウスやトランスなど4つ打ちの音楽はヨーロッパではメジャーな音楽であり、様々なフェスがありました。

その音楽スタイルがアメリカで爆発的に流行し、EDMは世界的な音楽ジャンルの一つとなったのです。

その立役者と言われているのがデビッドゲッタです。彼はもともとヨーロッパでは有名なDJだったのですが、彼がアメリカの有名なアーティストたちと曲を出したことで、エレクトロダンスミュージックに火がついたといっても過言ではありません。

そうしてアメリカで大流行した後、EDMは日本に入ってきました。音楽の流行として、アメリカで流行った音楽が日本に入ってくるという構図はほぼ出来上がっているように思えます。

私が思うにR&BやEDMにしろ、アメリカで流行った三年後あたりからじわじわと日本で流行りだす感覚です

そうして今はULTRAに代表される大型フェスは日本でも開催されるようになり、EDMアーティストと呼ばれるDJたちの日本での認知度も爆発的に上がりました。

その結果、日本のアーティストがEDMのDJたちとコラボしたりする機会も増えていき、ますます日本もダンスミュージックの虜となってきました。

例えばニッキーロメロはSEKAI NO OWARIのDragon Nightという曲をプロデュースし大ヒットさせ、アフロジャックは三代目J Soul Brothersともコラボしています。

海外と日本では根本的に音のノリ方が違うと思います。それは文化の違いでもあるから、仕方のないことですが、俗にいうパリピという人たちが私は個人的には苦手です。

それでも周りに迷惑をかけず、日本人なりのスタイルでダンスミュージックを楽しんでもらえれば、ダンスミュージックを愛する者として嬉しいことです。

スポンサードリンク

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドライブにおすすめな洋楽【EDM、ハウス編】

スポンサードリンク ドライブではどこに行くかも重要ですが、車内のBGMもそれと同じくらい重要ではないでしょうか。 今回は、そんなドライブに最適な洋楽を紹介していきたいと思いますが、その中でも、EDMや …

no image

作曲(DTM)のコツ

スポンサードリンク 今回は、作曲する上での基礎的なことをいくつか書こうと思います。 パソコンやソフトも購入し、作曲できる環境が整ったらようやくDAWを起動し、作曲を始めることができます。 マウスで打ち …

作曲(DTM)を効率的に行う方法

スポンサードリンク   私が未だに曲を作っていて常に悩むのが音選びです。 現代の音楽制作で使用するソフトには無数のプリセットや機能があり、これを完璧に使いこなすのは簡単なことではありません。 …

no image

安室奈美恵がついに引退 安室ちゃんのプロデューサー的にもオススメしたい曲

スポンサードリンク 歌手の安室奈美恵さんがついに引退されます。   最後は故郷である沖縄、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターでのライブとなりました。   26年間ものあいだ、第一 …

Axtone、Protocol、Size、Sosumi 今、最高にかっこいいEDMとそのレーベル

スポンサードリンク 皆さんは普段どんな音楽を聴いていますか? さまざまな種類の音楽がある中で、R&BやHip Hopのように一気に世界的に認知された「EDM」というジャンルがあります。 Ult …

名前:ユルゾフ
年齢:30代前半
ユルゾフと申します。細々と投資をやりつつブログを書かせていただいています。
うさんくさくてすいません。

あとはまれに海外の音楽レーベルと契約して曲をリリースしたりしていますが最近はゲームばっかりして怠けています。

ブログは自分が気になったことで、皆さんにも知ってもらいたいことや、体験したことを綴っていこうと思っています。

ブログの他に投資をやっていたり、筋トレやダイエットに励んでいたりするので、そういった記事が多くなるかもしれません。
至らない点も多々あるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

最近はもっぱらPUBGにハマっています。やっている人、ぜひ一緒に遊びましょう。

あとツイッターもやっているのですが、生まれたての小鹿のようなアカウントなので、フォローしていただけるととても嬉しいです。
下のユーザー名を押すとツイッターに飛べます。
@yuruzoff