タメになる抜け毛、薄毛対策【AGA】

タメになる抜け毛、薄毛対策【AGA】
はてなブックマーク - タメになる抜け毛、薄毛対策【AGA】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Pocket

スポンサードリンク

どうもしんです。抜け毛。薄毛。男の永遠の課題です。そこで私なりに勉強した抜け毛対策を書くことで、世の男性たちのハゲみになればと思っています。

今回の対象は男性型脱毛症(AGA)に対する対策です。そのため、病気やストレス等でなった薄毛には効力はないので注意しておいてほしいです。

 

薄毛(AGA)の原因

まず、男性型脱毛症が起こる原因として挙げられるのが、ジヒドロテストステロンです。これが毛根に悪さをし、毛髪サイクルを狂わせ、次第に髪が抜け落ちていきます。このジヒドロテストステロンは5αリダクターゼがテストステロンと結びつくことで発生します。テストステロンとはもともと筋肉や骨を作る上で非常に重要な役割を担うもので、なくてはならないものです。だから要はこの5αリダクターゼとテストステロンが結びつくのを阻止すれば良いのです。

 

薄毛(AGA)に効く薬

そして、薄毛(AGA)を阻止するのがフィナステリドという成分です。これが含まれる薬として挙げられるのがプロペシア。今では男性型脱毛症を診てくれる病院も増えてきており、ネットでの購入以外にも、こういった薬を処方してもらたりもします。これが今最も有効的な防御法だと思っています。

また、髪の生成に必要なものの一つに亜鉛があります。亜鉛は外から摂らなければならないため、非常に不足しがちです。摂れる食品も限られているので、私はサプリメントで取るようにしています。

では抜けてしまった毛は復活しないのでしょうか。必ずしもそうでもありません。ミノキシジルというものがあります。これには簡単にいうと血流を増大させ、髪の成長を促進させる効果があります。弱っていた毛もこれで蘇る可能性があるのです。あくまで可能性ですが。これが含まれている薬品は意外と多く、有名なところだとリアップにもこれが含まれています。

ただし副作用があったり人によっては皮膚に合わない場合もあるので、注意してもらいたいです。

また、ミノキシジルが含まれているものには、頭皮に直接塗るタイプの他に、タブレット型のものもあります。こちらは飲むだけなので簡単ですが、どちらにせよ副作用の危険性はあるので使用する場合は医師に相談するなどしておいたほうが安心です。

 

植毛

とにかく薄毛というのは男性の悩ましい問題ですが、最終手段として植毛やカツラもあります。特に植毛は海外では結構主流になってきており、サッカー選手などには結構やっている人がいます。というか調べてみるとかなりいてびっくりしました。

 

植毛したサッカー選手

元マンチェスターユナイテッドのルーニー

Thanks for all the messages everyone, we’re over the moon

Wayne Rooneyさん(@waynerooney)がシェアした投稿 –

 

チェルシー所属、スペイン代表 セスク

Leave nothing behind. @beatsbydre #BEHEARD #CFC #chelsea

Cesc Fàbregasさん(@cescf4bregas)がシェアした投稿 –

 

マンチェスターシティ所属 スペイン代表 シルバ(彼は恐らく今まさに再生中だと思います)

Fly high in the Skystalker #X ☄ #HeretoCreate @adidasfootball

David Silvaさん(@david21lva)がシェアした投稿 –

 

元マンチェスターユナイテッド所属、元ブルガリア代表 ベルバトフ

 

#happybirthday to one of the #great #football players ever @ronaldinho

Dimitar Berbatovさん(@berbo9)がシェアした投稿 –

 

何もしない

また、もっと究極をいくと何もしないという方法もあります。顔の薄い日本人は厳しいかもしれませんが、薄毛率の高い白人をみると、髪が薄くなったあとのほうが渋みが増して、かっこよくなった人もたくさんいます。

例えば、個人的にはハリウッド俳優のジェイソンステイサムなんか、むしろ髪のあるときより、めちゃくちゃワイルドでセクシーになっています。

 

 

まあただ、彼の場合なんかは元がイケメンすぎますからね。まずは、自分を客観的に見て、どうするのが最善かを考えるべきですね。兎にも角にも、考えすぎは髪によくないので、気楽にいきましょう。

スポンサードリンク