ニュース

日経平均が急落 今後どうなる

投稿日:2018年2月6日 更新日:

はてなブックマーク - 日経平均が急落 今後どうなる
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket

スポンサードリンク

2月6日、日経平均株価が急落しました。

最終的な下げ幅は前日より1000円以上も下落しました。

これは、イギリスがEU離脱を決めた2016年6月24日以来の下げ幅となっています。

前日の米国株市場、NYダウが過去最大の下げ幅を記録し、日経平均もそれにつられた格好となっています。

日経平均株価はよく前日のNYダウの流れに影響されますが、ここまで大きく影響を受けたのは珍しいといえます。

それに対し、閣僚などからも不安の声があかっていますが、私はこれはあくまで調整のように思います。

考えてみればここ数年の間に日経平均はものすごい上昇をみせてきました。

2011年、東日本大震災の時点では日経平均8000円台という時期もありました。

そして、日経平均は順調に上がっていき、昨年はついに20,000円の大台に乗るのか、それともミサイルを連発する北朝鮮問題の影響などで下落するかという話題でもちきりでした。

日経平均が20,000円台に近づくと、北朝鮮がミサイルを撃って調整しているという憶測までありました。

結局。市場は北朝鮮問題すら慣れてしまい、2017年10月には戦後最長の「16連騰」という記録を達成し、株価も20,000円台に軽く突入、22,000円台に迫る勢いを見せました。

その後、2018年に入っても日経平均株価は上昇を続け、なんと23,000円台後半まで上昇し、一旦そこで停滞していました。

この昨年後半からの異常な上がり方を考えると、この辺で大きな調整が入っても何も問題はないように思います。
北朝鮮有事など緊迫したことが起きない限り、こういった調整を含みながらも日経平均株価は上がっていくように思えます。

 

 

スポンサードリンク

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

携帯電話の「ながら運転」罰則が強化 懲役刑も

スポンサードリンク ■道交法改正案、今国会にも 高齢者・家族ら指導規定新設  携帯電話などを注視・操作しながら車を運転する危険行為に対し、政府が道路交通法改正で罰則を強化する方針であることが13日、分 …

なぜアメリカは銃社会をやめないのか

スポンサードリンク アメリカ史上最悪の銃乱射事件が起きてしまいました。しかも場所はアメリカの中でも治安が良いとされるラスベガス。50人以上の尊い命が失われ、200人以上が負傷する大惨事となりました。ア …

no image

NHKやJASRACが超強気の徴収に出始めている件について

スポンサードリンク NHKが受信料の支払いに応じない東京都内のホテル会社に対し、受信料の支払いを求めていた裁判で、最高裁は9日にホテル会社に対し、約620万円の支払いを命じました。 このNHKの受信料 …

いつ起こる!?南海トラフ地震の発生確率が8割に引き上げ

スポンサードリンク またまた恐ろしいニュースが入ってきました。 特に太平洋側に大規模な被害をもたらすと言われている南海トラフ地震について、地震調査委員会がその発生確率を7割から8割に引き上げたのです。 …

天皇誕生日はいつ変わる? 2019年は天皇誕生日は無し

スポンサードリンク もうすぐ平成が終わります。 平成生まれの私にとって、初めて元号が変わることは不思議な気持ちです。 そんな平成の次の元号が何になるかが話題となっていますが、天皇誕生日についても覚えて …