今後の仮想通貨の動向について

今後の仮想通貨の動向について
はてなブックマーク - 今後の仮想通貨の動向について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Pocket

スポンサードリンク

 

2017年はビットコインの高騰や、それに続く仮想通貨が多く出てきたことで、仮想通貨元年と言われる年となりました。

そして2018年。

今年はさらに仮想通貨が盛り上がる年になっていくであろうと思われていました。

松本人志や田村淳など、多くの有名人が仮想通貨に手を出していることを公表しており、CMも数多く打たれるようになりました。

そんな矢先、仮想通貨取引所大手の「コインチェック」が、およそ600億円相当の仮想通貨を不正に引き出されるという大問題が起こりました。

コインチェックは発覚当日に会見を行いましたが、ハッキングをした相手も、被害額の補償も不明な状況です。

これは仮想通貨始まって以来の最大規模の事件です。

過去には2014年に同じく仮想通貨取引所の「マウントゴックス」がサイバー攻撃を受け、

その際も何百億相当の仮想通貨を失い、最終的にこの会社は破たんしています。

ですが、おそらく今回のコインチェックの被害額はその上をいきます。

コインチェック側は今後も経営を継続していきたいと言っていますが、正直厳しいのではないでしょうか。

金融庁への登録ももう厳しいと思います。

 

仮想通貨は今後どうなる

今回のこの大規模な流出問題、2017年末にビットコインが高騰したことを受け、私の周りでも仮想通貨に手を出す人が一気に増えた矢先の出来事でした。

そして、その中にはコインチェックを利用していた人もおり、百万近くが引き出せない状況にあると嘆いている人もいます。

 

今後仮想通貨はどうなっていくのでしょうか。

今回は、個人ではなく取引所自体が被害に遭いました。こうなると個人ではもう手の打ちようがない気がします。

確かに事前にある程度、安全な取引所を調べて選択することはできます。

ですが、それも100%安全とは言い切れません。

極論ですが、私は安全性でいえばアナログに敵うものはないと思っています。

確かにデジタルは便利だし、簡単にお金を増やすこともできたりしますが、仮想通貨に限らず、銀行のネットバンキングだって多数の被害が出ています。

私も以前、ある地方銀行のネットバンキングを利用していた際に、実際にハッキングしようとする画面に移り、危うくお金を抜き取られる寸前でした。

ですから私のような知識の浅い人間にとっては、自分のお金をデジタルでやり取りするということについては、未だに不安が伴います。

 

それでも仮想通貨がなくなることはないと思います。

確かに今回の事件を受け、仮想通貨に関するサービス等の普及が遅れる可能性はあります。

ですがそれは一時的なものに過ぎないはずです。

マウントゴックス事件の時だって、ものすごい額が流出しています。

逆に今回の事件により、保険会社などにより、補償に対するサービスが盛んになる可能性もあります。

何れにせよ今や世界的規模になった仮想通貨の勢いは落ちることはないと思います。

スポンサードリンク