人志松本の「すべらない話」が面白くないと話題 ついに「すべる話」へ

NO IMAGE
はてなブックマーク - 人志松本の「すべらない話」が面白くないと話題 ついに「すべる話」へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Pocket

スポンサードリンク

20日午後9・00にフジテレビ系「人志松本のすべらない話」が放送されました。約一年ぶりの放送ということで楽しみにしていた人も結構いたのではないでしょうか。

オープニング映像には女優のかたせ梨乃さんが登場。任侠映画に出てくるような丁半博打、片肌脱ぎの着物姿で演じ、その圧倒的な演技にネットなどでも一気に話題になりました。

ただし、すべらない話で最も話題になったのがかたせ梨乃さんの登場という結果になってしまいました。

なんとミヤネ屋などで有名なアナウンサー、司会者である宮根誠司まで参加して話題性はあったのですが、肝心のネタは正直残念なものでした。

宮根さんに限らず、すべらない話自体がもうすべってしまっているというか、限界がきているように感じました。

昔のすべらない話は、次長課長の河本さんの

 

「姉がレズです」  

 

といったような、一言完結で笑いを取るような話もあったのですが、

今回は長々と語るものが多くて、正直疲れました。

やはりああいう番組というのは面白さ、新鮮さを持続させるのは難しいですよね。

 

スポンサードリンク