日本をバカにしたユーチューバー、ローガン・ポールとその動画とは

NO IMAGE
はてなブックマーク - 日本をバカにしたユーチューバー、ローガン・ポールとその動画とは
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Pocket

スポンサードリンク

こんにちわ、みーこです。

 

あなたはローガン・ポールという人を知っていますか。

すごく不快な内容にはなってしまうのですが、日本人として彼の行動は許せなかったので、今日はそのことについて書こうと思います。

 

ローガン・ポールとは

彼は1500万人以上のフォロワーがいるアメリカの有名なユーチューバーです。

彼は昨年末、富士の樹海で遺体を撮影し、それをYoutubeに投稿して問題となりました。

 

そして、彼は動画を削除し、代わりに謝罪の動画をアップしました。

一見、反省したように思うこの行動ですが、実は彼はその謝罪動画からも収入を得ているのです。

 

そんな問題の多い彼がまたやらかしました。

 

日本の文化をバカにした動画を投稿

 

今度は日本の文化を馬鹿にしたような動画を投稿したのです。

 

その問題の動画がこちらです。

 

こうやって紹介してしまうと、結局彼の思う壺なのでしょうが、本当に許せない内容だと思いませんか。

ふざけるのにも度が過ぎていると思います。

 

「文化に敬意を欠いてはいけない」 「日本では敬意を重んじる」

というようなことを連呼しつつ、走っている車にポケモンのクッションをぶつけたり、道の真ん中でズボンを脱いだり、ゲーム機を買ってすぐ道路にたたきつけて、壊れているとクレームを入れたりと、あきれてものも言えない内容です。

もしぶつけた車の相手が危険な人物だったらどうしたんでしょうか。

いつか彼は痛い目をみると思います。

 

ユーチューバーの中にはとてもためになる動画を投稿してくれる人たちもたくさんいる一方で、

こういった目立つような行動を撮影して注目を浴びようとする悪質な人もいます。

日本のユーチューバーでも以前話題になった人がいましたし、どうせ投稿するのならせめて人の迷惑にならないような動画を撮ってほしいですね。

きっとアメリカ人も彼の行動は恥ずかしいと思っているはずです。

 

 

スポンサードリンク