保育所に入所できない 待機児童の原因とは

保育所に入所できない 待機児童の原因とは
はてなブックマーク - 保育所に入所できない 待機児童の原因とは
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Pocket

スポンサードリンク

4月から保育施設などの利用を希望したが入れなかった子どもが全国で約34万6000人いたとする推計を、野村総合研究所が発表した。厚生労働省は同月時点の待機児童数を2万6081人としているが、定義に含まれない希望者も合わせた結果、その約13倍に上った。同社は、待機児童の解消はこのままでは困難とみている。

 全国の未就学児を持つ女性3708人に7月、保育施設の申し込み状況などをインターネットで尋ねた。その結果、保育施設などの利用希望がかなわなかった子の割合は、母親が就労している場合は5.0%、非就労の場合は24.8%に上った。待機児童は都市部に集中しているとされるが、地方でも母親が就労の場合で3.7%、非就労の場合で18.6%の子が該当した。

 利用できなかった理由は「申し込んだどの保育施設にも入れなかったため」が42%で最多。このうち約7割は3カ所以上に申し込んでいた。また40%は、自治体に相談したら入れる可能性が低いと言われたなどとして「そもそも申し込まなかった」と回答した。

参考元:yahooニュース

参照URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000087-mai-soci

 

保育所の現状

 

ちょっと前に、「保育所落ちた日本しね」なんていう言葉も話題になりましたが、保育所に入れない問題というのはここ数年は特に深刻化していますね。特に都会になればなるほど、保護者が共働きで入所の条件を完全に満たしていたとしても、さらに面接がある自治体も結構あったりします。もちろん就職活動中では入れません。

逆に地方であれば、就職活動中でもハローワークカードなど、活動している証明があれば入所できたりもします。もっと凄いのは、就職活動中で生活保護をもらっている世帯でも入所ができたりもします。その際、実際に今就職活動をしているかまで追えるかといえば厳しいです。

このように、地域でかなり入所できるか否かのハードルが変わってくるのが現状です。そのため、今住んでいるところでは入所ができないので、毎日隣町の保育所までわざわざ送迎している保護者もたくさんいます。最悪、引っ越す人だっています。数ヶ月待って入所できるならまだしも、一年以上待ちなんていうこともザラです。もっと深刻な場合、現在通っていても翌年追い出される場合さえあります。

 

増加する待機児童、その原因とは

 

これは単に保育所を増やせばいいという問題ではありません。というより、保育所は案外足りていたりします。それより現場で深刻なのは保育士不足です。

保育所では、一人の保育士がみれる子どもの数というのは決まっています。最近でいうと森友学園が保育士不足により事業停止命令を下されています。

ではなぜ保育士が足りないのでしょうか。一番の原因は、やはり給与の問題だと思います。保育士の平均年収は何とか300万を超えるくらい、手取りで20万程度です。保育士の仕事内容は非常にハードです。ですから仕事内容を考えると、給与の関係で保育士を選択する人が減ってしまうのも仕方ないように感じます。

 

なぜ、保育士の給与は低いのか

 

では何故保育士の給与は低いのでしょうか。要因は多々あるかとは思いますが、理由の一つとして国からもらう補助金が低いということが考えられます。保育所は国と地方自治体から運営費というかたちで補助を受けています。そして、その補助金+保育料で運営していくので、補助金が低いと保育士の人件費に充てられる額も減ってしまうのです。

 

さいごに

 

もし保育士が増えれば、多くの子どもを受け入れられるようになります。そうなれば仕事を休職せずに済んだり、新たに仕事を始めることができる保護者も増え、日本の社会にも活力が出てくると思います。

保育所は小さな命を預かる場所です。子どもの健全な成長のために、保育士のモチベーションや保育環境はものすごく重要だと思います。将来の日本を担う子どもたちのために、もっともっと児童福祉に力を注ぐべきではないかと思います。

スポンサードリンク