うつ病の原因と改善方法

うつ病の原因と改善方法
はてなブックマーク - うつ病の原因と改善方法
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Pocket

スポンサードリンク

魚介を多く食べる人は、そうでない人と比べてうつ病の発症率が半減するとの疫学調査結果を、国立がん研究センターと慶応大のチームがまとめた。青魚に多く含まれる「オメガ3脂肪酸」による予防効果が考えられるという。米国の精神医学専門誌「トランスレーショナル・サイカイアトリー」に27日、論文が掲載される。

 研究チームは1990年に40~59歳だった長野県南佐久郡の住民1181人を25年間追跡調査し、19種の魚介の摂取量とうつ病との関係を調べた。1日当たり摂取量の多い順に4グループに分けると、2番目(中央値111グラム)の集団は最下位(同57グラム)の集団より発症率が56%低かった。最も多く摂取した集団の発症率は26%の低減にとどまるが、他の食材や調理法の影響を受けたとみられるという。

 また、脂肪酸の摂取量を計算すると、オメガ3脂肪酸に分類されるエイコサペンタエン酸(EPA)とドコサペンタエン酸(DPA)が多いと発症率が低くなる傾向があった。

 オメガ3脂肪酸には脳内で情報伝達に関わる物質の合成や、神経の栄養になる物質を増やす作用があるとされる。うつ病の予防効果は海外で報告されており、日本人を対象にした疫学調査で確かめられたのは初めてという。

 

うつ病の発症にはいろんな要因が考えられるので、魚だけ食べたらよくなるというわけではなさそうですが、魚からはたくさんの栄養が摂れるので積極的に食べるべきです。

例えば、血管をきれいにしてくれるEPAや、脳のはたらきを活発にしてくれるDHA、豊富なたんぱく質などが含まれており、非常に栄養価の高い食材です。その上、うつ病にも良いとなると、予防もかねて毎日でも食べたいですね。

あとは運動をしたり、日の光を浴びることもうつ病には良いとされています。うつ病になる最大の要因は、セロトニンが不足することによるといわれています。このセロトニンが不足すると、常に興奮状態になり、ちょっとしたことでイライラしたり、不安な気持ちが続きます。運動や日光浴は、脳を刺激し、セロトニンを分泌してくれるので、リラックスした状態になれるのです。このリラックスをするということがうつ病の改善には重要なのです。

うつ病になる前段階として、まず自律神経失調症に陥ります。、自律神経失調症になると、興奮状態が続きます。これは交感神経が常に優位になってしまっているからです。みなさんも仕事やプライベートで悩みがあったとき、なかなか眠れなかった経験はないでしょうか。そのとき、まさに交感神経が優位になっているのです。

自律神経失調症になると、この緊張状態が常に続き、最悪過労死にも繋がります。それを防ぐために体が拒否反応を起こし、行動不能にします。すごく簡単にいうとこれがうつ病です。うつ病の人に「がんばれ!」と言ってはいけない理由はこのためです。すでに全力を出し切った結果そうなってしまっているのです。

健全な状態であれば、交感神経と副交感神経は、シーソーのようにうまく交互に働き、片方が上がれば、片方が下がります。例えば、朝起きて日中しっかりと働く、そういったときは交感神経が優位になります。仕事中はいろいろな問題が起こります。スポーツでもそうです。そういったときにとっさに動けるようにしてくれるのが交感神経です。

そして、仕事も終わりゆっくりとお風呂に入り、寝ます。このときに優位になるのが副交感神経です。副交感神経は日中酷使した心身を修復してくれます。この二つの神経がうまく作用して、人は健康な生活を送れています。先ほど書いたように、うつ病の場合はこの副交感神経がうまく作用しないので、体も回復しません。

現在はセロトニンをサプリからも摂ることができますが、摂取量を間違えると最悪死に至る可能性もある危険なものです。まずは、運動をしたり、好きな音楽を聴いたりして、とにかくリラックスできる生活リズムを作っていくことがベストです。それでもどうしても改善しない場合はお医者さんに診て貰い、適切な治療を受けるべきです。

 

参考元:yahooニュース

参照URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000000-mai-sctch

スポンサードリンク